location: ホーム審美保綴(ジルコニア・セラミック)>オールセラミックシステムの概略

オールセラミックシステムの概略

近年の歯科界では脱金属の傾向が強くなってきています。

以前は金属を使用しないと強度的に成り立たなかったセラミックですが、技術の格段の進歩により、金属を使用しなくても十分な強度を得られるようになりました。

そのおかげで、金属の弱点が一掃されつつあります。当院で審美治療を選択される方々のうち、9割以上はオールセラミックを使用しております。

金属溶出した状態(歯ぐきの黒ずみ)写真
金属溶出した状態(歯ぐきの黒ずみ)

かぶせ物の周りの歯ぐきが黒い方、金属アレルギーの方、金属の見かけが嫌な方、金属の溶け出しが心配な方

こういった方々にお勧めなのが、オールセラミックです。

金属使用のセラミック オールセラミック写真1
金属使用のセラミック オールセラミック写真2

オールセラミックが優れている点

☆とても綺麗です

  • 上の写真のように、金属使用のものに比べて、歯の根元付近の色が綺麗に出せます

☆構造が単純で壊れにくいです

  • 構造が複雑な金属使用のものは金属とセラミックの間から破壊がおきやすいです

☆金属が溶け出すことがありません

  • 金属の溶け出しは1.歯茎が黒くなる2.金属アレルギーの方は症状出やすくなる といった問題がありますが、そもそも金属を使用しなければその心配もありません。

☆歯を削る量が少なくてすみます

  • 金属使用のものは、厚さを多くとることで色を綺麗に出すことができますが、それは歯を削る量が多くなるということに直結します。オールセラミックは歯にやさしい素材でもあるのです。

当院では4つのオールセラミックを準備しております。

1.オールセラミック(ジルコニア)

⇒コンピュータで作る次世代のオールセラミック。抜群の強度。

2.オールセラミック(E-max press)

⇒審美性が抜群で見かけが美しい。複雑な歯の模様も再現可能。

3.E-max press ステイン

⇒審美性と機能性をバランスよく備えている。

4.E-max press ノンステイン

⇒16の基本色から選ぶオールセラミック。安価でも機能性良好。