location: ホーム審美保綴(ジルコニア・セラミック)>オールセラミックシステムを充実させています

オールセラミックシステムを充実させています

これまでの膨大な施術の結果、現在のセラミックシステムはオールセラミック4種類、金属セラミック2種類・ハイブリッドセラミック1種類の計7種類となっております。

患者様の審美的要求・機能的要求・経済的要求の3点を考慮し、当院から適切な方法をご提案し、説明させていただきます。

作り手(歯科技工士)の質にもこだわっており、当院では審美の本場アメリカ・ハリウッドで修行を積んだ歯科技工士さんが代表を務める「国際デンタルラボ(KDL)」さんに審美技工の業務を委託しております。

当クリニックの審美補綴へのこだわり

1 無駄に神経を抜かない

神経は歯に栄養を与える大切な組織です。神経を抜けば歯科医師は楽ですが、患者様は後々にリスクを負ってしまいます。治療の計画上、仕方がない場合はありますが、可能な限り神経を残すことをおすすめします。

2 無駄に抜歯をしない

抜歯を行うまでにその歯を健康に残せる方法がないか、ぎりぎりまで模索します。最近、多くの歯科医師は歯を抜きすぎていると私自身は思っています。

3 無駄に削らない

審美補綴には歯を削ることが不可欠です。たくさん削れば、きれいに作りやすくなります。削るのを最小限にして美しく仕上げるには歯科的知識や技術はもちろん、色の知識・光の知識まで必要になってきます。

4 拡大した視野での作業

自分の目を信じていないわけではないですが、やはり拡大鏡(歯科用ルーペ)で見ながらの作業は肉眼よりもかなり精密に出来ます。精密な作業は精密な仕上がりを生みます。つまり美しく仕上げるだけでなく、虫歯や歯周病の予防にも役に立ちます。

5 歯だけでなく歯ぐきの徹底管理

美しく仕上げるのは当然ですが、それを長持ちさせるにはには患者様の努力も必要です。努力≒ブラッシングですが、その大前提として我々が歯ぐきをしっかり管理していることが大切。歯周病治療とメインテナンスは審美補綴とセットだと考えてください。