location: ホームインプラント> インプラント・ブリッジ・入れ歯の違い

インプラント・ブリッジ・入れ歯の違い

インプラント適応と不適応

インプラント治療は歯がないところに行う治療法です。どんな治療法でも同じことですが、その治療が向いているのか、向いていないのか、を判断する必要があります。

当然インプラント治療にも、向き(適応症)、不向き(不適応症)があります。判断基準はかなり多くありますが、大きく分けてお口の状態によるものと、お体の状態によるものとに分かれます。

お口の状態における判断基準

<インプラント治療が向いている状態>

・ブリッジを行う場合に、歯をかなり削らなければいけない場合

一度削った歯や、取り除いた神経は、戻ってくることはありません。また、人工物の下に虫歯を作ることも多々あります。隣の歯が、もしまだ削っていない状態であれば、なるべくインプラント治療をおすすめします。

・義歯(入れ歯)が苦手な方

入れ歯独特の不快感はかなり取り除けます。天然の歯の咬む能力を100とした場合、インプラントは80~90、入れ歯は10~30くらいと言われています。

また、異物感・痛みのでにくさ・清掃のしやすさ、などどの部分をとってもインプラント治療の方が優位なことが多いです。

・その他、不適応症にあたらない場合、または治療によってクリアできた場合

下記の不適応症にあたらない場合は、インプラントがブリッジや入れ歯よりも確実に良い治療と言えると思います。また、治療によって良い状態ができた場合も同じことが言えるでしょう。

<インプラント治療が向いていない状態>

※治療を行うことでインプラント治療が可能になることも多いです

・お口全体に重度歯周病がある場合

インプラントを支える骨の量が減ります。また、お口の中に歯周病菌が多数存在するのでインプラント周囲炎にかかりやすくなります。

・インプラント予定部の骨が大きく失われている場合

インプラントが長持ちするには、インプラント周囲に健康な骨が全周に最低2ミリ必要です。骨が大きく失われている場合にそれが達成できない場合があります。骨を足す治療法を併用するとインプラント治療が可能になることも多いです。

・インプラント予定部に隣接する歯、もしくはその周囲に感染がある場合

隣の歯に大きな虫歯や歯周病があるときはしっかり治療をしてからインプラント治療を行う必要があります。

・夜間はぎしり・くいしばりがある場合

夜間のはぎしりやくいしばりにおいては、普段思い切りかみ合わせをしたときよりも約5倍程度の力がかかっていると言われています。インプラントや天然の歯に過負担にならないように夜間マウスピースを使用する必要があります。また、定期的にかみ合わせの調節が必要になります。

・前歯がかみ合っていない開咬や反対咬合などの、歯並びの不整が強い場合

歯並びの不正が強い場合に、無理にインプラント治療をすると、インプラント部に力が異常に集中したり、磨き残しが出やすくなったり、いろいろな弊害が出てきます。インプラントのご希望があり、歯並びの不整が強い場合は部分的・全体的な矯正治療を行わなければならないときがあります。

・インプラント予定部のスペースが十分でない(歯がない部分に隣接する歯が寄りすぎている)場合

インプラントの直径は細いものでも3.5ミリ程度あります。また前後の歯とはそれぞれ最低1.5ミリ離す必要があります。それ以下だと骨が溶けてしまってインプラント周囲炎になってしまいます。

つまり理論上は、0.1ミリの誤差のない手術をしても、前後の歯との間に6.5ミリのスペースがないとインプラント治療は行ってはいけない、ということになります。

・顎関節症などで極端に口が開きにくい場合

インプラント手術だけでなく、後にかぶせものを作ったりするときにも、インプラント治療を行う場所にもよりますが、お口がしっかり開かないときは治療が不十分なものになってしまうことがあります。必要に応じて顎関節症の治療を行うことがあります。

・のちのちに矯正治療を考えている場合

インプラントは歯とは違って、矯正治療で動かすことはできません。上手く利用して矯正治療に役立てることができる場合もありますが、安易にインプラント治療を行うと、後の矯正治療の弊害になります。

お体の状態における判断基準

<インプラントが向いていない状態>

※治療を行うことでインプラント治療が可能になることもあります

・骨粗鬆症の方

骨の密度が下がる病気です。当然、骨と結合するインプラントには不利となります。また、お薬を内服もしくは注射されている方は抜歯などの外科処置も不可の場合があるので注意が必要です。

・糖尿病がコントロールされていない方

糖尿病と歯周病には強い関連性があることが知られています。歯周病があるとインプラント周囲炎も容易に起きやすくなるので注意が必要です。

ちなみに天然の歯と違って、インプラント周囲には骨に栄養を与える歯根膜という組織がなく、インプラント周囲の免疫力が若干低くなります。そのため歯周病が起こりやすくなる糖尿病は、インプラント周囲炎も起こしやすくなります。

・ヘビースモーカーの方

ニコチンには血管を収縮させる作用があり、血液の循環量が少なくなります。そのために組織が血液不足(栄養不足・免疫の低下)になります。インプラントや歯を支える歯ぐき・骨にも影響がでて、インプラント周囲炎となってしまいます。

・チタンアレルギーの方

めったに発症しないものですが、万が一アレルギーがある場合はインプラント治療は不可となります。

・血液疾患の方

血友病などの血液疾患の方は、正常な治癒をしない可能性があります。外科処置を行う際はかかりつけ医の指示のもとで行います。

・高血圧がコントロールされていない方

血圧が高い場合、手術によるリスク・心臓への負担などが大きくなります。また、止血なども行いにくくなり、麻酔薬も血圧変動の少ないタイプ(麻酔の効きが悪い・切れやすい)を使用しなければなりません。外科処置を行う際はかかりつけ医の指示のもとで行います。

・腎臓疾患のある方

腎臓はとても重要な臓器です。腎臓疾患がある場合は、外科後の治癒不全・高血圧・お薬の制限などが出てくることがあります。外科処置を行う際はかかりつけ医の指示のもとで行います。

・成長が止まっていない方(18歳以下)

顎の成長が終わっていない方は歯並びが変化しやすいので、安易にインプラント治療をしてしまうと後のかみ合わせ・歯並びの変化に対応できなくなります。

・悪性腫瘍などで化学療法・放射線治療を受けている方

放射線治療を骨に受けていると、外科処置後の治癒が悪くなります。また、化学療法に使用されるお薬の中には、外科処置不可のものもあります。外科処置を行う際はかかりつけ医の指示のもとで行います。

・歯科恐怖症の方

歯科恐怖症の方は、笑気麻酔下・静脈内鎮静下・全身麻酔下などにおいて、外科処置を行うほうが安全と思われます。大学病院などの総合病院をご紹介させていただきます。

ブリッジ・入れ歯とインプラントの比較

インプラントイラスト ブリッジイラスト 入れ歯イラスト
インプラント ブリッジ 入れ歯

インプラント・ブリッジ・入れ歯の目的

  1. 噛めるようにする
  2. 残っている歯のかみ合わせの負担を減らして守る
  3. 歯がないところに隣の歯・かむ相手の歯が傾斜してくるのを防ぐ(かみ合わせの悪化を防ぐ)

1.はとてもわかりやすい、説明不要の目的だと思われます。2.は起床時のかみ合わせの力はおよそ体重程度、就寝時のくいしばりの時の力はそのおよそ5倍、とされています。

通常のかみ合わせでは、力は多くの歯に分散されますが、歯を失った時のかみ合わせでは、力が分散されにくく一つの歯にかかる力が強くなってしまいます。その過剰な負荷により、いろいろな問題が起きてきます。

3.は歯を失ったままにしておくと、やがてその部分に隣の歯が傾斜してきたり、かみ合う相手の歯が飛び出してきたりします。そうなると大きく歯並びが崩れてくることになり、いろいろな問題が起きてきます。

1.はとても重要なことですが、歯科の専門家としては、2.と3.の大切さも患者様にしっかりと伝えたいと日々考えています。

2.と3.に関しては患者様にはわかりにくい目的だとは思いますが、もし達成されないと、時間をかけて他の歯が歯周病にかかりやすくなったり、かみ合わせや歯並びがくずれていったりと、後に回復させるのが難しい、治したくても治せない、状態になっていきます。

特別な場合を除き、歯が失われたところには、ブリッジ・入れ歯・インプラントのいずれかを入れておかないといけないのは、噛めるようにするだけではなく、お口の中が取り返しがつかないような事態になるのを防ぐためにも重要なのです。

各処置のメリット・デメリットについて

インプラント

メリット:治療終了後に多い(長持ちしやすいetc...)

デメリット:治療終了までに多い(期間が長いetc...)

ブリッジ・入れ歯

メリット:治療終了までに多い(期間が短いetc...)

デメリット:治療終了後に多い(他の歯に負担をかけるetc...)

インプラント

・メリット

構造が天然の歯に似ている

食事しやすい・メンテしやすい・・など多くの利点を生み出します

他の歯に負担をかけない

インプラントは自立しています。他の歯には一切負担をかけません

ブリッジや入れ歯に比べて長持ちしやすい

インプラントは虫歯になりません。インプラント周囲炎に気をつければ、非常に長持ちをします。

・デメリット

治療期間が長い

いい状態で治療を終えるには、ある程度の期間は必要となります。期間を短くできる『イミディエイトローディング(即時加重)インプラント、日帰りインプラント』や『ハイドロキシアパタイトコーティング(HA)インプラント』は、通常のチタンインプラントにくらべて、長期予後が悪くなりやすいというデータがありますので、当院ではまだ採用しておりません。現段階の歯科の技術においては、必要な期間はかけることが重要と考えております。

外科処置を必要とする

基礎疾患等でインプラント治療すべきでない場合があります。インプラント治療の適応症・不適応症のページをご参考ください。

歯根膜がない

歯の根のすぐ周りにあるわずか0.2ミリ程度の厚さの『歯根膜』ですが、歯にとってはかなり重要な組織です。インプラントにはその『歯根膜』がありません。そのため、『歯根膜』の微妙なクッション性がインプラントにはなく、かかる力をコントロールするのに、かみ合わせの継続的な調節が必要となります。

また、『歯根膜』から骨に血液供給がいかないので、インプラント周辺の骨は栄養不足・免疫低下に陥りやすくなります。『歯根膜』のないインプラントを長くいい状態で機能させるためには、相応の知識や技術が必要です。

治療難度が高い

どんな医院でも、どんな歯科医師でも同じようにインプラント治療できるわけではありません。それは、インプラント治療の専門性が高いからでも、治療技術が難しいからでも、ありません。

インプラント治療は『かみ合わせや矯正、歯周病等のいろいろな分野の幅広い知識、技術が要求される』からレベルの高い治療であるのです。言い換えると、インプラント治療を行うには、インプラント治療以外の治療もしっかり行っている、インプラント治療以外の知識も豊富で診断力がある、ことが必要です。

保険がきかない

現在、インプラント治療は保険適応外です。残念ながら保険適応される見通しは立っていません。ただし、医療費控除の対象にはなっております。

ブリッジ

複数の歯を削って、つながったかぶせ物を接着固定する方法。歯がないところはダミーの歯が入ります。

・メリット

治療期間短い

保険が利くものもある

・デメリット

清掃が難しい

汚れをため込みやすい

大きく歯を削ることで、神経を取ったり、将来的に虫歯を招いたりすることがある

どこかに問題が出た場合、全て撤去する必要あり

支えになっている歯の負担が大きい

入れ歯

樹脂で歯ぐきと歯を作り、他の歯に金属などで引っかける方法。

・メリット

治療期間短い

保険が利くものもある

取り外し可能

・デメリット

見た目がよくない(設計などにもよります)

メインテナンスが面倒(人によります)

かむ能力が低い(天然の歯の1/10程度)

食べかすが入りやすい

粘膜に傷を作ることがある

壊れやすい

外出先などでは十分に使用・メンテできないことがある

残っている他の歯に負担をかける

かみ合わせが安定しにくい

ブリッジ・入れ歯について

ブリッジと入れ歯は歯がなくなったところに行う治療法です。インプラントとは違って外科的な処置がなく、早く完成までいけるのが最大の利点でしょう。通常の状態ではどちらもインプラントより、多くの面で劣る治療法ですが、インプラントが不可能な方はこの2つからの選択となります。

ブリッジ入れ歯も古くからある治療法で新しいインプラントに比べて軽視されやすいものですが、性能的に劣るからこそきちんとした技術ときちんとした管理が大切です。

ブリッジ

ブリッジイラスト
  保険の3本ブリッジ

ブリッジは歯がなくなったところにダミーの歯を置き、それを残っている歯にかぶせものをして連結する治療法です。最も単純なものに3本ブリッジがあります。3本ブリッジは歯がないところの両隣をかぶせて、中央をダミー歯でつなぐ方法です。他にももっと複雑なブリッジがあります。

ブリッジの難しい点 正しいブリッジとは

ブリッジは昔からある治療法で、どこの医院でも受けられる治療法です。ただし、だからといって決して簡単な治療法ではありません

1.精密な技術が必要

かぶせものをする際には、土台の歯を形態修正して型をとって作ることになります。この形態修正ををきれいに行わないと、1本の歯でもきれいに入ることはありません。ブリッジとなると、精密な形態修正を同時に何本も行います。これをきちんとできる技術がないと、良いブリッジは入りません

その技術がないまま作られたブリッジは往々にして、つじつま合わせでどんどん削って無理やり入れることが多いようです。そのようにして入れたブリッジは削ったすきまに菌をため込むことになるので、将来的には必ず『虫歯の原因になる』か『歯がグラグラしてくる原因になる』ことになります。

不適1写真 不適2写真
矢印部分に段差(すきま)がある 虫歯や歯周病を招く
適合良好写真
矢印部分に段差のないブリッジ 持ちが良い

2.しっかりとした咬み合わせの知識が必要

幸いきれいにブリッジが入っても、咬み合わせが悪いと問題が起きてきます。食事中や寝ている間に、顎はいろいろな方向(上下左右・ななめ方向)に動きます。そうやって動くときに咬み合わせが悪いと、ブリッジに常に変な力がかかってしまうことになります。

そのようにして入ったブリッジは『外れやすくなる』か『歯がグラグラしてくる原因になる』ことになります。また全体的な咬み合わせのバランスも悪くなります。

不適1写真 不適2写真
咬み合わせ不良で大きな圧力がかかって、ブリッジ周囲の骨が溶けている

ブリッジの治療法には、保険がきくものときかないものがあります。

・保険のブリッジ   金属と白い樹脂を使用

前歯(上下6本ずつ計12本)は保険でも白くできます。(樹脂製)
 奥歯(上下の前歯12本以外)は銀色になります。
 ダミー歯はどの場所でも表側のみ白くすることができます。咬む面と裏側は金属です。

※樹脂はセラミックに比べて見た目・強度ともに劣ります。変色もしやすいです。

・保険外のブリッジ  金属使用しないものもあります

保険外のブリッジではセラミックを使用することができるので、見ためも美しくなおかつ機能的にも良いものになります。詳しい説明は審美補綴の各項目をご覧ください。

●当院で扱っている保険外ブリッジの種類

見た目が白いブリッジ
ジルコニアブリッジ(金属未使用) 強度 大 見た目 良好 変色なし
メタルボンドブリッジ(見えないところに金属使用) 強度 大 見た目 中 変色なし
オールセラミック・E-max系ブリッジ(金属未使用) 強度 中 見た目 良好 変色なし
ハイブリッドブリッジ(見えないところに金属使用) 強度 中 見た目 中 変色あり

オールセラミック・E-max系ブリッジ は状態によっては使用できない場合があります。

金属のブリッジ(機能性のみ追求)
PGA(白金加金)ブリッジ 強度 大 見た目 金属色  -
ゴールドブリッジ 強度 大 見た目 金属色  -

※PGAとゴールドは金属のブリッジとなります。

入れ歯

入れ歯イラスト
   保険の入れ歯

入れ歯は歯がなくなったところに取り外し式の人工の歯を入れる方法です。ピンクの歯ぐき部分と白い歯の部分と土台の歯に引っ掛ける部分からなります。多くの歯が失われた場合に、特に有効な方法です。

入れ歯の難しい点 正しい入れ歯とは

入れ歯もブリッジ同様昔からある治療法で、どこの医院でも受けられる治療法です。大きな異物である入れ歯がお口の中で機能するには多くのクリアすべき点があります。

1.型どりが難しい

入れ歯ブリッジインプラントと違うのは、歯ぐき(粘膜)に支えてもらう、ということです。それは、部分入れ歯にしろ総入れ歯にしろ、歯ぐき(粘膜)まできれいな型をとる必要がある、ということになります。

また、食事中に顎はいろいろな方向(上下左右・ななめ方向)に動きます。その際にお口周辺やお口の中の筋肉が複雑な動きをします。その動きも型に取り入れないと、お口を動かすたびに引っかかってしまい『違和感が強い』『外れやすい』原因となります。歯とその周辺のみの型取りであるブリッジインプラントに比べると、型取りは圧倒的に難しくなります。

2.固定できない

入れ歯は固定できません。外に出してお掃除できるという点では大きな利点ですが、固定できないということは、咬むたびにわずかにでも入れ歯が動いてしまうということを意味します。

入れ歯が動いてしまうと、『押されて痛みがでる』『外れやすくなる』『支えている歯に過剰の負担になる』『食べかすが入りやすくなる』『食べにくい』『違和感が強い』etcといったことをひきおこします。そのため、なるべく入れ歯の動きが少ない設計をすることが大切になります。

入れ歯には保険がきくものときかないものがあります。

・保険の入れ歯  ピンクの歯ぐき・白い歯・銀色の引っ掛け部分 からなります

・保険外の入れ歯  いろいろな種類があります。(機能を求めているもの・見ためを求めているものetc)

●当院で扱っている保険外入れ歯の種類

・金属床

薄く仕上げられる入れ歯

・フレキシブルデンチャー(ノンクラスプデンチャー)

金属を使用しない見ための良い入れ歯

・キー&キーウェイアタッチメント

金属の引っ掛ける部分が前から見えない見ための良い入れ歯

・マグネットアタッチメント

磁石の力でくっつく入れ歯

・Oリングアタッチメント

歯の根にはまり込む入れ歯

・コーヌス

歯の根に覆いかぶせる入れ歯

・生体性シリコン

やわらかく粘膜に優しい入れ歯(総入れ歯のみ)

・他多数

患者様のご希望とお口の状態から判断して決定いたします。

ブリッジと入れ歯のメインテナンスについて

ブリッジ・入れ歯は人工物です。そのものが虫歯になることはありませんが、劣化をしたり、場合によっては壊れたりもします。そのため、きちんとしたメインテナンスをしておかないと、せっかく作った人工物も寿命が短くなってしまいます。患者様ご自身も大切にお使いください。

現在のところ、限られた条件の下か実験以外で歯は再生させることができません。そのため、現在の歯科治療はどうしても人工の材料に頼らざるを得ません。『湿る・渇く・消化液がある・菌がたくさんいる・大きな力がかかるetc』といった口という非常に苛酷な環境で人工のものは耐えていかなければならないのです。

私どもの努力は当然ですが、患者様にもその点をご理解いただき、治療後はしっかりメインテナンスに励んでいただきたいと考えております。

▼「インプラント・ブリッジ・入れ歯の違い」内のコンテンツ

  1. インプラント適応と不適応
  2. ブリッジ・入れ歯とインプラントの比較
  3. ブリッジ・入れ歯について