location: ホームインプラント> インプラントの不安・トラブル

インプラントの不安・トラブル

インプラントの不安・トラブル メニュー

手術が怖い・不安だという方

インプラント治療に限らず、歯科治療では、親知らずの抜歯や歯周病の治療時に、たびたび外科処置を行います。外科処置の説明をさせていただいた患者様方の多くが、よく口にされるのが『不安』です。(ここでは手術自体の不安について書いていきます)

これまで当院の患者様が外科治療前に口にされた不安

  • 痛そう
  • 歯ぐきを開けるなんておそろしい
  • 怖いから、全身麻酔でやってほしい
  • 骨を削るのに抵抗がある

こういった患者様方の中には当然、外科処置を選択しない患者様もおられます。また、不安を乗り越えて、外科処置に望まれる方もいらっしゃいます。手術が怖いと言う気持ちは、こういった不安から生まれてくるものだと思います。

これらの患者様の不安を取り除く努力を当院ではおろそかにするつもりはないですが、どうしても無理なものもあります。(例えば、外科処置を行うのに、歯ぐきを開けずに行うことはできません。)

私たちスタッフは、『○○先生であれば、どんな治療でも安心してお任せできる』と思っていただけるような言動を心がけております。仮に、外科処置を行う歯科医師を患者様が信頼できない場合、当然怖いですし、そもそもその医院で治療を受けようとは思われないでしょう。

逆に、患者様が本当に心から信頼している歯科医師であれば、外科処置を行う際にも過剰な不安は感じられずに済むのではないかと考えております。

また、笑気ガスや静脈内鎮静法という、ガス吸入や薬物投与で痛みを気にならなくして外科処置を行うという方法もありますが、当院では行っておりません。

これらを行う麻酔医を常駐させるのが難しい、というのはもちろんあるのですが、そういった薬物を使って事故なども起こりうるので、処置に直接関係のない薬物は極力使わない方が良いだろうと考えております。

また、一診療所では、そういった薬物での万が一の事故のときの対応など、後手後手になってしまう恐れもあります。

ただし、外科処置はするつもりがあるけれども、どうしても不安が拭い去れない、このままでは処置できそうもないという方は、大学病院などの総合病院で全身麻酔や笑気ガス・静脈内鎮静法などを使用して外科処置を行うこともひとつの選択肢だと考えております。その際は、当院より適切な診療科を紹介させていただくことになります。

インプラントそのものに不安がある方

近年、インプラントのトラブルが多く知られるようになって来ました。その影響か、インプラントそのものが大丈夫なのであろうか、と考えられている患者様が増えてきています。

インプラントの成分・組成について

インプラントは純チタン製で、人工関節や心臓ペースメーカーにも使用されているような素材と同じものです。骨と強固に結合し、アレルギーの方もほとんどいない、軽くて丈夫な金属です。

チタンとインプラントの歴史も約半世紀と長く、インプラントの素材としては申し分なく、まったく問題ないものと言っていいでしょう。

ただし、当院では未使用ですが、HA(ハイドロキシアパタイト)をコーティングしたHAインプラントは、チタンインプラントに比べて予後が悪くなりやすいため、注意が必要です。

※参考記事 インプラントとは(チタンの特徴やHAインプラントについてなど)

お口の環境について

チタンは、他のどんな金属とも違って、骨と結合(オッセオインテグレーション)する性質があります。人工関節や歯のインプラントは、チタンだからこそできる治療法です。

そのチタンをお口の中で作用させるのですが、インプラント治療の大きな障害が2点、お口の中にあります。1つ目が、『お口の中には菌がたくさんいる』、2つ目が、『かみ合わせによる力が強くかかる』ということです。

口を含む消化管内は、体外に分類されるため、菌数が多い

口は胃や腸につながる消化器官です。実は、口~大腸の消化管の内部は体内ではなく体外とされています(体外とつながっているため)。体外である、消化管に特徴的なことのひとつに、菌がたくさんいる、ということがあります。

それでも、チタン自体、ほとんど劣化したりはしません。ただし、チタン表面に菌が付着してしまうことはあります(チタン表面の感染)。感染が深部に及んでしまった場合、インプラント周囲の骨に炎症が起きて、溶けていくことがあります。

かみ合わせの力は、ほぼ体重並みかそれ以上

また、かみ合わせの力は体重と同程度です。これが、夜間の無意識下でのはぎしりやくいしばりとなると、5~6倍の力になると言われています。この力はかなり大きなものであるので、正しいかみ合わせを作ったインプラントでも、はぎしりやくいしばりがあるとダメージを受けることがあります。

歯のインプラントはこういった苛酷な環境で機能していく必要があります。このことを術者も患者様も強く認識しておく必要があると考えております。しっかり認識してさえいれば、対策は十分にとれるし、対策が取れないほど過酷な状況であれば、インプラント治療は回避するべきです。

インプラント治療自体は、正しく使えばチタンの能力をフルに発揮できる、すばらしい治療法です。ただし、間違った使い方をすると、まず上手くいかない、難しい治療法でもあります。

患者様方は、インプラントそのものがどうだ、というよりも、インプラントを正しく使用しているかどうか、が重要だとお考えください。

インプラント弱点・欠点・失敗例

インプラントの技術というのは各メーカー・歯科医師の努力の賜物で日進月歩しております。ブリッジや入れ歯に比べて、かなり機能的なものといえます。

では、インプラントの弱点とは何でしょうか?あまり語られることは無いですが、インプラントにも弱点があります。細かく挙げるとキリが無いのですが、大きく捉えると、歯根膜が無い』ここに集約されていくものと思います。

歯根膜とは?

歯はたてに細長い形態をしています。そのうちの1/3(歯冠)はお口の中に顔を出していますが、根元の2/3(歯根)は骨によって支えられています。実は歯根は、骨は直接接しているわけではなく、歯根膜という0.2ミリ程度の、薄く、やわらかいコラーゲンの膜を介して骨は歯根を支えています。

歯根膜とはイラスト

歯根膜の役割

1.クッションとしての役割

歯に加わる力を和らげて、骨や歯にダメージが出ないようにする

2.歯の感覚・センサーとしての役割

圧力などを感じるセンサーが発達しており、脳へ直接情報が届く(脳神経)

3.歯周組織としての、周囲への栄養補給

周囲の骨などに栄養を補給する

4.感染の局所化

虫歯・歯周病などで感染が歯根膜に達したときに、感染が深部に行かないようにする

5.歯根膜-咬筋反射

無意識の状態で食事中にリズミカルに咬むための反射運動

歯根膜は抜歯とともに失われます。またインプラントは骨と直接くっつくものなので、歯根膜の働きがありません

抜歯というのはこの大切な歯根膜が失われてしまうことです。歯根膜が無ければインプラントがどんなに発達しても『天然の歯>インプラントという構図は変わることはありません。

そのため、健康的な状態で歯を保存することが可能ならば、絶対に抜歯すべきではありません。

ただし、健康的に維持できない場合はその歯が感染源になってしまうので、周囲に悪影響を考えると抜歯も仕方が無い場合もあります。

もしインプラントになった場合 歯根膜が無いことへの対策

もし、インプラント治療になった場合、歯根膜がないことへの対策は十分に行う必要があります。対策が不十分だと、インプラント周囲の骨が溶けて(インプラント周囲炎)、長持ちしないインプラントとなりやすいといえます。

対策1 可能な限り新しく、太く長いインプラントを、正しい位置・角度に入れる。

→ インプラントにかかる力の負担を減少させる

対策2 確実にオッセオインテグレーション(インプラントと骨の結合)してから、かぶせものをする。

→ 急ぎすぎて、結合前にかぶせものをすると、そのまま結合せずに、抜けてしまうことがある

対策3 かぶせもの後、定期的にかみ合わせを調節する

→ インプラントにかかる負担を、定期的にチェックする

対策4 インプラント周囲の組織(骨・歯肉)は、必要があれば増大させる。

→ 歯肉・骨の栄養不足・酸欠・免疫不全がおこらないようにする目的

以上の対策をせずに、安易にインプラント治療をしてしまうと、以下のように、インプラント周囲炎(インプラント周囲の骨が溶ける病気)になってしまうことが多くあります。

インプラント周囲炎レントゲン写真
インプラント周囲の骨がかなり溶けています
(この段階でもぐらつきはありません)

インプラント周囲炎の治療

インプラント周囲炎とは

インプラント周囲炎は、最も多いインプラント治療のトラブルで、インプラント完成後に、支えである骨が溶けていく現象です。歯の周りの骨が溶けていく歯周病に似ていますが、インプラント周囲炎のほうが進行・悪化しやすいのが特徴です。

また、歯周病は歯がぐらついてくるので、患者様ご自身で気付きやすいですが、インプラント周囲炎では重度の状態まで悪化しても、多くのケースでは症状が出ませんので、なかなか気付けないことが多くなります。

インプラント周囲炎レントゲン写真
インプラント周囲の骨がかなり溶けています
(この段階でもぐらつきはありません)

インプラント周囲炎の原因

・手術に関連するもの

不適切なサイズのインプラント体・ドリル時の過熱・過力・インプラント埋入位置不良・骨不足・歯肉不足(血流不足)

・手術後のもの

早すぎる加重・強すぎる加重・舌などで触りすぎる・ブラッシングの強圧

・かぶせもの完成後

かみ合わせ不良(調節不足含む)・磨き残し・はぎしり・くいしばり・歯周疾患・事故

インプラント周囲炎の治療

・歯ブラシ指導・クリーニング

インプラント周囲をきれいに保つことは、インプラント周囲炎の治療・予防としては最重要な事項となります。

・かみ合わせの調節

インプラントにかかる力をコントロールすることは、清潔に保つことと同程度に重要です。力がかかりすぎると、すぐにインプラント周囲炎になってしまいます。

・清掃+洗浄+消毒+貼薬

レーザーやインプラント表面の研磨器具によりインプラント表面を物理的に清掃後、薬剤で洗浄、すみやかに消毒薬・抗生物質軟膏を塗布する方法。軽度のインプラント周囲炎に適用する方法です。

・CTG(結合組織移植術)

インプラント周囲炎では、血管を含んでいる周囲歯肉が薄く、インプラント周囲の血流不足が起きていること多くなります。その場合、栄養不足・免疫不足により、骨の吸収が起こりやすくなるので、インプラント周囲炎になりやすくなってしまいます。

CTGは、口蓋(上顎の天井)から歯肉をインプラント周囲歯肉に移植することで、歯肉を厚くし、血流を十分に保つために行います。軽度~中等度のインプラント周囲炎に行う方法です。

・インプラントの撤去

重度のインプラント周囲炎になってしまった場合は、撤去が一番良い方法と言えます。以前はインプラントの周りの骨を全部削って、骨ごと撤去していましたが、現在はインプラントを逆回転させて、骨を削らずに保存しながら、撤去することが可能です。撤去後は場合によっては再度インプラントも問題なくできることも多くあります。

そもそも、インプラント周囲炎にならないようにするには・・・

・正しい診断が最重要

インプラント治療を行うときの基本的な考え方として、例えば『インプラント周囲の歯肉や骨を厚くする』『可能な限り、長めのインプラントを使用する』というものなどがあります。

そういう治療のゴールをイメージして診断すると、インプラント予定部の骨の状態(高さ・幅・厚さ・硬さ)はもちろんですが、歯肉の厚さ、周囲の歯周病の状態、周囲の歯の状態、かみ合わせの様式・強さ、インプラントのサイズ・長さの選択、インプラントの埋め込む位置・方向、その他諸々のことを診断する必要性がでてきます。

・治療を急ぎすぎないこと

最近の日本の歯科界において、インプラント治療は、『早い』がとても良いことのような風潮があります。そのため、HAインプラントというスピードを重視したインプラントが良く出回っています。

これで結果が伴えばもちろんいいのですが、残念ながら、インプラント周囲炎が多発しているのが現状です。チタンインプラントメーカーも含め、各インプラントメーカーは、より治療が早くできる、より安くできる、ように研究・開発をしています。

それは日々の診療に大きく貢献してくれるものですが、診療する側が過剰に『早く』急ぎすぎてしまうと、『必要な処置を行わない』『必要な材料を使わない』『必要な時間を置かない』といったことになってきます。これは大変危険な考え方だといわざるを得ないでしょう。

・正しいメインテナンスを行うこと

インプラントは、天然歯と違って、『歯根膜』がありません。これがインプラントの最大の弱点で、天然歯が歯周病になるのよりも、インプラントインプラント周囲炎になる、ことが多い最大の理由です。

歯根膜』は歯肉や骨に、栄養や免疫力を与えます。また咬む力を支えるクッションの役割もします。インプラントではこの役割がなく、天然歯に比べてどうしても『感染に弱い』『過剰な力に弱い』ということになります。このデメリットをカバーしていくため、定期的なクリーニングとかみ合わせのチェック・調節は欠かせません。

※参考記事  歯根膜について