location: ホームインプラントインプラントの不安・トラブル>手術が怖い・不安だという方

手術が怖い・不安だという方

インプラント治療に限らず、歯科治療では、親知らずの抜歯や歯周病の治療時に、たびたび外科処置を行います。外科処置の説明をさせていただいた患者様方の多くが、よく口にされるのが『不安』です。(ここでは手術自体の不安について書いていきます)

これまで当院の患者様が外科治療前に口にされた不安

  • 痛そう
  • 歯ぐきを開けるなんておそろしい
  • 怖いから、全身麻酔でやってほしい
  • 骨を削るのに抵抗がある

こういった患者様方の中には当然、外科処置を選択しない患者様もおられます。また、不安を乗り越えて、外科処置に望まれる方もいらっしゃいます。手術が怖いと言う気持ちは、こういった不安から生まれてくるものだと思います。

これらの患者様の不安を取り除く努力を当院ではおろそかにするつもりはないですが、どうしても無理なものもあります。(例えば、外科処置を行うのに、歯ぐきを開けずに行うことはできません。)

私たちスタッフは、『○○先生であれば、どんな治療でも安心してお任せできる』と思っていただけるような言動を心がけております。仮に、外科処置を行う歯科医師を患者様が信頼できない場合、当然怖いですし、そもそもその医院で治療を受けようとは思われないでしょう。

逆に、患者様が本当に心から信頼している歯科医師であれば、外科処置を行う際にも過剰な不安は感じられずに済むのではないかと考えております。

また、笑気ガスや静脈内鎮静法という、ガス吸入や薬物投与で痛みを気にならなくして外科処置を行うという方法もありますが、当院では行っておりません。

これらを行う麻酔医を常駐させるのが難しい、というのはもちろんあるのですが、そういった薬物を使って事故なども起こりうるので、処置に直接関係のない薬物は極力使わない方が良いだろうと考えております。

また、一診療所では、そういった薬物での万が一の事故のときの対応など、後手後手になってしまう恐れもあります。

ただし、外科処置はするつもりがあるけれども、どうしても不安が拭い去れない、このままでは処置できそうもないという方は、大学病院などの総合病院で全身麻酔や笑気ガス・静脈内鎮静法などを使用して外科処置を行うこともひとつの選択肢だと考えております。その際は、当院より適切な診療科を紹介させていただくことになります。