location: ホーム> 審美保綴(ジルコニア・セラミック)

審美保綴(ジルコニア・セラミック)

オールセラミックシステムを充実させています

これまでの膨大な施術の結果、現在のセラミックシステムはオールセラミック4種類、金属セラミック2種類・ハイブリッドセラミック1種類の計7種類となっております。

患者様の審美的要求・機能的要求・経済的要求の3点を考慮し、当院から適切な方法をご提案し、説明させていただきます。

作り手(歯科技工士)の質にもこだわっており、当院では審美の本場アメリカ・ハリウッドで修行を積んだ歯科技工士さんが代表を務める「国際デンタルラボ(KDL)」さんに審美技工の業務を委託しております。

当クリニックの審美補綴へのこだわり

1 無駄に神経を抜かない

神経は歯に栄養を与える大切な組織です。神経を抜けば歯科医師は楽ですが、患者様は後々にリスクを負ってしまいます。治療の計画上、仕方がない場合はありますが、可能な限り神経を残すことをおすすめします。

2 無駄に抜歯をしない

抜歯を行うまでにその歯を健康に残せる方法がないか、ぎりぎりまで模索します。最近、多くの歯科医師は歯を抜きすぎていると私自身は思っています。

3 無駄に削らない

審美補綴には歯を削ることが不可欠です。たくさん削れば、きれいに作りやすくなります。削るのを最小限にして美しく仕上げるには歯科的知識や技術はもちろん、色の知識・光の知識まで必要になってきます。

4 拡大した視野での作業

自分の目を信じていないわけではないですが、やはり拡大鏡(歯科用ルーペ)で見ながらの作業は肉眼よりもかなり精密に出来ます。精密な作業は精密な仕上がりを生みます。つまり美しく仕上げるだけでなく、虫歯や歯周病の予防にも役に立ちます。

5 歯だけでなく歯ぐきの徹底管理

美しく仕上げるのは当然ですが、それを長持ちさせるにはには患者様の努力も必要です。努力≒ブラッシングですが、その大前提として我々が歯ぐきをしっかり管理していることが大切。歯周病治療とメインテナンスは審美補綴とセットだと考えてください。

オールセラミックシステムの概略

近年の歯科界では脱金属の傾向が強くなってきています。

以前は金属を使用しないと強度的に成り立たなかったセラミックですが、技術の格段の進歩により、金属を使用しなくても十分な強度を得られるようになりました。

そのおかげで、金属の弱点が一掃されつつあります。当院で審美治療を選択される方々のうち、9割以上はオールセラミックを使用しております。

金属溶出した状態(歯ぐきの黒ずみ)写真
金属溶出した状態(歯ぐきの黒ずみ)

かぶせ物の周りの歯ぐきが黒い方、金属アレルギーの方、金属の見かけが嫌な方、金属の溶け出しが心配な方

こういった方々にお勧めなのが、オールセラミックです。

金属使用のセラミック オールセラミック写真1
金属使用のセラミック オールセラミック写真2

オールセラミックが優れている点

☆とても綺麗です

  • 上の写真のように、金属使用のものに比べて、歯の根元付近の色が綺麗に出せます

☆構造が単純で壊れにくいです

  • 構造が複雑な金属使用のものは金属とセラミックの間から破壊がおきやすいです

☆金属が溶け出すことがありません

  • 金属の溶け出しは1.歯茎が黒くなる2.金属アレルギーの方は症状出やすくなる といった問題がありますが、そもそも金属を使用しなければその心配もありません。

☆歯を削る量が少なくてすみます

  • 金属使用のものは、厚さを多くとることで色を綺麗に出すことができますが、それは歯を削る量が多くなるということに直結します。オールセラミックは歯にやさしい素材でもあるのです。

当院では4つのオールセラミックを準備しております。

1.オールセラミック(ジルコニア)

⇒コンピュータで作る次世代のオールセラミック。抜群の強度。

2.オールセラミック(E-max press)

⇒審美性が抜群で見かけが美しい。複雑な歯の模様も再現可能。

3.E-max press ステイン

⇒審美性と機能性をバランスよく備えている。

4.E-max press ノンステイン

⇒16の基本色から選ぶオールセラミック。安価でも機能性良好。

オールセラミックの詳細

1.オールセラミック(ジルコニア)

ジルコニアブリッジのフレーム土台写真
ブリッジのフレーム土台

人工ダイヤモンドに使用されるジルコニアは、ホワイトメタルと呼ばれているほど、これまでのオールセラミックに比べて強度が非常に高いのが特徴です。

コンピュータで作り出すので、少し作りが甘いところが出ることがありますが、今後コンピュータのバージョンアップが進みどんどん改善されていくでしょう。現在のところは、熟練した作り手(歯科技工士)の目から見て、作りの甘いところを修正しております。

現在、当院では強度がかなり必要な複雑なブリッジを金属を使わずに作る場合と患者様がご希望の場合にのみ使用しています。欠点が改善されていけば、近い将来のメインの素材になることは間違いないと思います。次世代のオールセラミック

コンピュータで3次元スキャニング写真
コンピュータで3次元スキャニング

2.オールセラミック(E-max press)

強度はジルコニアほどはないですが、必要十分な強度はあり、なんといっても隣の歯と見分けがつきにくいほど審美性が抜群です。

そのため、特に前歯のかぶせ物にはこちらの使用をおすすめいたします。最近、日本国内でも流行ってきている素材ですが、歯科技工所KDLさんや当院では何年も前からこの素材を使用してきており、治療実績は非常に豊富です。

ジルコニアには及ばないものの、簡単なブリッジならば耐えられる強度もあります。そのため歯がないところに行うインプラントや入れ歯が向かない場合でも、ブリッジが可能な場合があります。

また強度があるおかげで、ラミネートベニア(歯の表面につける薄い付け爪のようなもの)にも使用できます。薄いラミネートベニアには強度と美しさを兼ね備えた素材が必要なので、最適だといえます。

オールセラミック(E-max press)複雑な模様も再現可能写真
オールセラミック(E-max press)複雑な模様も再現可能
オールセラミック(E-max press)のお勧め部位写真
オールセラミック(E-max press)のお勧め部位

3.E-max press ステイン

見かけの美しさはオールセラミック(E-max press)には劣りますが、よく目に触れる前歯のかぶせ物でなければ全く問題ありません。そのため、前歯以外の場所での使用をおすすめしております。ただし、元々歯の模様などがあまり無い方であれば、前歯に使用することもできる素材です。

E-max pressという素材に、外から専用の絵の具で模様をつけます(もちろん害はありません)。これをステインと呼びます。簡単な模様や陰影であれば再現可能です。

この素材はクラウン(歯全体にかぶせる方法)・インレー(歯の一部分を詰める方法)問わず、使用できるのでとにかく歯を削る量が少なくてすみます。

ジルコニアには及ばないものの、簡単なブリッジならば耐えられる強度もあります。そのため歯がないところに行うインプラントや入れ歯が向かない場合でも、ブリッジが可能な場合があります。

歯が単純な色彩の方であれば前歯に使ってもかなりきれいに入れることができます。強度がそれほど必要でないブリッジであれば可能です。

E-max pressステインのお勧め部位写真
E-max pressステインのお勧め部位
E-max pressノンステインのお勧め部位写真
E-max pressステインのお勧め部位
E-maxステインインレー写真
E-maxステインインレー

※クラウンとは、歯の全体を覆うかぶせ物で、 歯の全周を削りかぶせることになります。

※インレーとは、周りの歯がある程度残った状態 に入れる金属やセラミックの詰め物で、あまり大きくない虫歯などに使用されます。

4.E-max press ノンステイン

E-max pressノンステイン写真

とにかくオールセラミックとしてはかなり安価な部類に入ります。が、質はとても良好。基本的な16色から選んで作ります。「銀歯はイヤだがとりあえず近くの歯に近い色で入ればいい」という方には最適です。

このかぶせ物に着色(ステイン)すると『E-max press ステイン』になります。強度がそれほど必要でないブリッジであれば可能です。

基本の16色-ここから歯の色に近いものを選択写真
基本の16色-ここから歯の色に近いものを選択
E-max pressノンステインのお勧め部位写真
E-max pressノンステインのお勧め部位
E-max pressノンステインのお勧め部位写真
E-max press ノンステインのお勧め部位

オールセラミックの使い分け

オールセラミック(E-max press)・E-max press

ステイン・ノンステインの使い分け例

1.隣の歯と区別がつかないくらいに、とにかくきれいに作りたい。

 →オールセラミック(E-max press)

2.前歯ではないが笑うと見える臼歯(前から4本目以降)で、保険の金属は嫌だ

 →E-max press ステインもしくはノンステイン

3.前歯だが、歯に模様があまりなく単純な色調の歯の方

 →E-max press ステインもしくはノンステイン

4.前歯でも臼歯でも、とにかく安くセラミックを作りたい

 →E-max press ノンステイン

(1~4は歯の全面をかぶせるクラウンタイプの説明です。)

5.部分的にかぶせる場合(天然の歯が残せる場合)

 →E-maxステインインレーもしくはE-maxノンステインインレー
 ※大きさによって金額が多少変わります

6.天然の前歯の前面のみ歯の形・色を変えたい

 →オールセラミック(E-max press) ラミネートベニア

(5、6は歯の一部をかぶせるタイプの説明です。)

金属使用のセラミックシステムも充実(2種類のメタルボンド冠)

通常のセラミッククラウンといえばこちらになります。金属にセラミックを盛って見かけを白くしています。もちろん前面からはまったく見えません。金属を2種類準備しています。

金属使用の際の欠点があるとはいえ、オールセラミックよりも深い歴史があり、まだまだ一般的にはよく使われています。

1.セミプレシャス(銀色の金属)

昔からあるセラミック治療法です。当院では使用頻度がかなり低くなりましたが、一般的にはまだまだ多く使用されています。強度がかなり必要な複雑なブリッジの際に使用することがあります。

セミプレシャス(銀色の金属)写真1 セミプレシャス(銀色の金属)写真2
金属は表面からは見えません

2.Bio2000=99.7%の純度の金

『虫歯を作りにくい』という大きな特徴を持っています。(金の特徴です。)また、上に挙げたような金属の欠点(金属の溶け出し、アレルギー)がほとんどありません。歯科界が脱金属に進んでいるとはいっても、Bi02000だけは特別だと考えています。

ただし金の割合が高い金属なので、少しやわらかめです。そのため、セミプレシャスに比べて強度が低く、ブリッジにはあまり向いていません。また、かみ合わせの力が強すぎる方やしっかりとした厚みがとれない場合は使用しない方がいいでしょう。破壊の原因になります。

Bio2000=99.7%の純度の金写真1 Bio2000=99.7%の純度の金写真2
金属は表面からは見えません

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドカーといえば、ガソリンと電気。ハイブリッドセラミックといえば、セラミックとレジン(樹脂)を混ぜて使っているものです。なので、別名ハイブリッドレジンともいいます。良くも悪くも両方ともの性質を引き継いでいます。

セラミックをガラスに例えると、レジン(樹脂)はプラスチックのようなものです。人工の歯としての性質はセラミックのほうが上になります。(セラミックよりも、劣化しやすい・着色しやすい・割れやすい・虫歯になりやすいetc)そのため、オールセラミックの性質が上がってきている現在、セラミックはガラスといっても強化ガラスのような存在なので、当院でのハイブリッドセラミックの使用頻度はあまり高くありません。

歯よりもやわらかい素材なので、あまり状態のよくない歯にどうしてもかぶせなくてはいけない時、歯の負担を少しでも小さくするために使用することがあります。

審美補綴へのこだわり